natureのぱん。

9-10月 ランチレッスン終了です。

e0241285_06463393.png
間が空いて申し訳ありません
名古屋での最後のレッスン
ゴマフランクと、みなさんが楽しみに待っていた塩パンを振り返ります

e0241285_06430785.png
手ごねをしたのは、ゴマフランク
黒ごまをすり潰すような感覚で
生地の色がグレーになるくらい、しっかりこねますよ
ここがポイント
焼き上がりの色合いが、かなり変わってくるんです

e0241285_06425991.png
一次発酵を終えた生地
ふっくらと膨らみましたね
触れるだけで、ごまのいい香りが広がります
ほんの少し加えた全粒粉も、香ばしさをプラスしてくれますよ

e0241285_06432351.png
伸ばした生地にたっぷりの粒マスタード
「え!?こんなに?」というくらいのせましょう(笑)
その上にウインナーを2本
ボリューム満点ですね
マスタードが生地の端につくと、とじにくくなるので気をつけて

e0241285_06433597.png
そしてナイフでカット
ここもポイント
ためらわず、深めにザクッと切れ目を入れます

e0241285_06434811.png
天板に移して馬蹄型に整え、ホイロヘ

e0241285_06435745.png
深く切ることで曲がりやすくなって、形がきれいに整うんですよね
初めは切り離してしまわないか、少し恐々と作業していましたが…
最終的には、見ていて清々しいほどザクザクと切っておられました(笑)
こういう時って、女の人の方が大胆!
男性は案外、慎重派が多いんですよ
おもしろい

e0241285_06441963.png
最終発酵をとって焼成
焼き上がりにオリーブオイルを塗って、お化粧します
つやつやのゴマフランクが焼けました
とてもきれいな仕上がり!

e0241285_06453136.png
塩パンも同時進行で
こちらは準備していた生地の分割からスタート
シンプルだけにごまかしがきかない、難しい形

e0241285_20015672.jpg
伸ばし方、巻き方、力の入れ具合、少しのことが大きく影響してきます
最終的には、みなさんも感覚が掴めた様子
太っちょ、ひょろっと長い子、オトコマエの子、いろいろいましたけどね(笑)
初めてですから、そういう子の方がむしろ愛着が湧くものです

e0241285_06454683.png
最終発酵をとって、仕上げにオリーブオイルと岩塩をパラリ
霧吹きをしてから焼成します
表面パリッと仕上げますよ

e0241285_06455598.png
ぐんぐん窯伸びして行く様子に、わー♪という、みなさんの嬉しい声が響いていました
オーブンの前から動かずに、ずーっと見ている方も
私はそのタイプなのでよーーくわかります
腕組み仁王立ち見守り派(笑)

e0241285_06514463.jpg
色もきれいに焼きあがりましたね
焼きたて、かぶりつきたい!

e0241285_06460574.png
浮かび上がった岩塩が、一層おいしさを引き立てます

e0241285_06471850.png
お待ちかねのランチタイム
お酒との相性も良いゴマフランクに合わせたサイドメニューを準備しました
(アルコールは出ませんけどね…笑)

e0241285_06470198.png
愛知県はイチジクの生産量が日本一!
きれいで大きなイチジクがたくさん出回っていました
これをどうしても使いたくて、サラダに

e0241285_06465305.png
作っておいた砂肝のコンフィ、パルミジャーノ、ローストアーモンドをのせて
コンフィのオイルで伸ばした、マヨネーズドレッシングで召し上がっていただきました
チーズと砂肝の塩気、プチプチっとした食感の甘いイチジク
お酒がすすむ一品です

e0241285_06473512.png
秋らしい根菜を使った和風マリネも作りましたよ
蓮根、さつま芋、カボチャ、ごぼう、クルミをアクセントに
ガーリックオイルで蒸し焼きして、メイプルシロップと醤油で味付けしました
一緒に加えたローズマリーで、爽やかさをプラス
ほんのり温かいくらいが一番の食べごろ
自家製セミドライトマトとコリンキーのピクルスで、彩りも添えました

e0241285_06472604.png
大好きなにんじんとクミンの冷製スープ
(見切れてますが…)
クミンがいい仕事しています
10月からは温かくしてお出ししました
温冷、どちらでもおいしいくいただけますよ
気に入ってくださった方も多く、作り方をメモしておられましたね
みんな作ってくれたかなぁ

e0241285_06444028.png
黒光りしたゴマフランクは、しっかりこねられた証
色濃く焼き上がり、かっこよく仕上がるんです

ごまの香ばしさとむちっとした食感が、あと引くおいしさ
おうちでは、このままかぶりついて召し上がるのがイチバン
朝食やブランチにでも
サラダとスープだけでもお腹いっぱいになりますよ

また、粒マスタード自体に辛みはないので、お子さんでも召し上がれるはず
もし気になる方は、半分をシュレッドチーズにしたり
マヨネーズとマスタードを和えて使ってみるのも、食べやすいかと思います
さっそく試した方もいらっしゃいましたね

e0241285_06474484.png
塩パンは、炊いておいた粒あんをサンド
パンの塩気と甘い餡との相性がバツグンなんです
クラストはカリッと、クラムはむっちり
みなさんが口に運ぶたびに、カリカリっといい音が聞こえてきましたよ
オイシイオト♪

e0241285_06475227.png
きな粉をのせた、バニラアイスも添えてみました
のせて食べると、二度おいしいってやつです(笑)


どちらのパンも、少し焼き直しをするとパリッとした食感が蘇って、数日おいしくいただけます
少し多めに焼いておくと、いいかもしれませんね
(すぐになくなっちゃうんですけどね 笑)

追加した塩パンも、もちろん大好評
ワタシ的にも、どのお店に負けてない自慢のレシピと自負しております(笑)
毎日でも食べたくなるパン
ご紹介できて本当に良かったです

最後のレッスンはお時間の許すまで、ゆっくり過ごしていただきました
ワタシがむしろ引き留めてしまっていたかも…
終わりたくなくて
もっともっとみなさんにご紹介したいパン、一緒に作りたいパンがたくさんありました
年内のスケジュールも決まっていたのに、残念でなりません
本当にごめんなさい

たくさんをお伝えすることはできなかったけれど、今まで来てくださったレシピを振り返って
楽しかったなーとか、美味しかったなーとか、こうやって食べていたっけなとか思い出してくれたり
パン作りにハマってくれていたら、なお嬉しいです
分からなくなったら、いつでも連絡してくださいね

作ったパンや買ってきたパンが、よりおいしく召し上がれるように
少しでも何かのヒントに繋がっていたらいいな

ご報告が遅くなったこと、お許しください
忘れていたわけではないんです
これ書いていると涙が出てきてしまって進めず…
すぐに戻りたくなる弱虫
何度も経験しているのに情けない

出るのはとても悲しかったけれど
転勤があってこそなんですよね、名古屋に住むことができたのって
出会えたことに感謝して、こちらで頑張りますね
そしてもし名古屋に戻れることがあった時には、またよろしくお願いします!
そのためにもまだまだ勉強、成長しなくては
これからも見守っていただけると嬉しいです

シアワセな一年でした
本当にありがとうございました

[PR]



by nature-67 | 2017-11-17 11:32 | 教室 MENU

手作りパンのある暮らし  名古屋パン教室 nature plus
by nature67
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

イメージが膨らむとき。
at 2017-12-12 12:52
よき眺め。
at 2017-12-11 22:02
今年2度目の。
at 2017-12-08 17:52
チェリ展から戻りました。
at 2017-12-01 11:12
気持ちを整えて。
at 2017-11-22 11:52
ギャップにやられる。
at 2017-11-20 10:42
リッチなお方。
at 2017-11-20 09:32
おいしいパンを食べて。
at 2017-11-18 23:52
嬉しいお話。
at 2017-11-18 05:32
今年も。
at 2017-11-17 15:02
レーズンさんがやって来た。
at 2017-11-17 14:12
9-10月 ランチレッスン終..
at 2017-11-17 11:32
ようやく晴れ。
at 2017-10-28 18:22
衝動にかられて。
at 2017-10-10 18:22
ハロウィンを飛び越えて。
at 2017-10-09 11:02
ありがとうございました。
at 2017-10-09 10:32
栗仕事。
at 2017-10-04 08:12
中津川へ。
at 2017-10-04 07:52
レッスンの準備。
at 2017-09-22 07:52
9月レッスンスタート。
at 2017-09-20 21:12

検索